富士登山第2弾

 ・昨日、吉田口五合目から富士山に登ってきました。前の日の夜に車で五合目まで行き、車の中で仮眠。さすがにこの時期の平日は登山者も少なく、夜の駐車場はガラガラ。

今回の目的は「まだ富士山に雪がある中で登りたい!」ただそれだけ。もっと雪のある山開き前に行けるほど装備もないし、根性も無い。だから山開き直後の登山道が整備された直後にどうしても行きたかった。

3時30分、登頂開始。
4時45分、御来光。御来光直前には光が放射状に雲に広がる。
e0028675_1358501.jpg

5時30分、山中湖に朝日が反射。
e0028675_1452949.jpg

富士登山シーズンが始まったばかりなので、登山者が少ないのがよく判る。時々前後左右に全く人影の無い時間が訪れる。
e0028675_1442465.jpg

一人で登る岩場はある意味爽快。富士山独り占めって感じ。

残雪が残っているのは2800mくらいまで、登山道近くで雪を直接手で触れるようになるのは3200m。
e0028675_1472618.jpg

下山道の整備も着々と進んでいる。
e0028675_148695.jpg

重機で下山道の雪をかく。両脇の雪の高さは約1,5m。雪が溶けるのはもう少し先のようです。

9合目を過ぎ、山頂間近になると両脇が雪のかべの道も出てくる。
e0028675_14115248.jpg

8時30分、吉田口山頂着。5時間で登れれば良しとしましょう。
e0028675_14192865.jpg

登山中も登ってからもず~っと下界は見えていた。山梨県と静岡県の県境で晴れと曇りが別れているのが上から見える。

山頂はまだ雪がアチコチ残っている。山小屋も神宮も開いてない。
e0028675_1427839.jpg

他の登山者の情報で、お鉢巡りは雪の影響で出来ないけど剣が峰までは行ってこられるよ、と。
なので休憩もそこそこにお鉢巡り半周に出発。
e0028675_14292370.jpg

山頂は風が凄く、滅茶苦茶寒い。雪が残ってるくらいだから風が冷たいのも当たり前。クレーターの近くは突風で飛ばされそうなくらい。

富士宮口山頂は吉田口よりも雪が多く残り、富士山本宮浅間大社も雪で囲まれている。ちょうど除雪作業中だった。
e0028675_1435792.jpg

富士宮口から馬の背、剣が峰へと続く道は残雪を踏みしめて行く。そして日本最高地点へ。
e0028675_14362245.jpg

10時10分に下山開始で12時40分に5合目着。いつもの下山道が雪で使えないので登山道を降りてきたのでいつもよりも時間がかかった。そして岩場を降りる箇所がかなりあったので、これが膝にこたえた。6合目に着いた頃には久し振りに足がガクガク。

しかし、いつもながら2900m付近になると必ず頭が重くなる。そこから深い深呼吸をしながら登ると落ち着いて山頂に着く頃にはなんともなくなる。で、5合目に降りてくるにしたがって頭が痛くなる。毎回登る度に同じようになる。不思議だ。

そして、今回の登山で最も印象に残ったのがすれ違う登山者に外国人が多かった事。とにかく多い。半分以上、もしかしたら4分の3は外国人かもしれない。そして5合目に戻ったら飛び交う中国語のなんと多い事。右も左も前も後ろも中国からの団体客がひしめき合っていた。

世界遺産に登録されたら、もっとたくさんの外国人が来るのだろうか?認知されるのは嬉しいが、人で溢れる富士山というのも考えものだ。

そんな事を思った今年の富士登山第2弾でした。
[PR]
by syashin_ya | 2012-07-06 15:27