防水カメラ

e0028675_19202861.jpg

休みを3日とったら、なんとなくその後もボーっとしてしまった。夏バテというよりも休みボケという感じ。妻と子供達は千葉に残っているので半期に一度のプチ独身中。

ところで今回はプールに店の売れ残り(しかも期限切れ)の使い捨て防水カメラを持っていった。写りはあまり期待せずに、何か面白い写真が撮れたらいいや程度の気持ちで使ったんだけど、予想以上に綺麗に撮れたのに驚いた。でも実際にはカメラがというよりも実はプリンターが優秀になったから写真が綺麗に見えるようになったのです。

かつての写真プリンターはアナログ露光で、今のプリンターはうちの機械を含めてほとんどがデジタル露光。色の補正やシャープネス、そして露出オーバーのネガのプリントはデジタル露光になって格段に良くなっている。使い捨てカメラは昼間撮ればほとんどが露出オーバーになる。前の機械なら綺麗な色なんて期待できなかったのが、デジタル露光になってからはかなり綺麗なプリントが仕上がる。今回の防水カメラもレンズ前の水滴等に十分注意すればかなり使える事を再発見。慌てて教室の防水カメラネタに加筆しておきました。

上の写真は画面上半分が水上、下半分が水中という写真を撮りたかったんだけど、ファインダーを覗いても意味ないので(撮る所と見る所が違うから)適当にこのくらいかなという位置にカメラを浮かべて何枚か撮影した一枚。波の少ない場所ならまだしも、常に揺れてる流れるプールでやるのはちょっと無理があったかも。でも普通のカメラでは撮れないポジションからの写真はとても新鮮だった。
[PR]
by syashin_ya | 2005-08-17 19:43