町の図書館

 ・昨日、町の図書館に行って初めて本を借りた。平成の大合併で町が大きくなり町役場が大きく綺麗に新築された時に一緒にできた新図書館。入ったことはあるけど、借りたのは初めて。本を探すのもパソコンで検索できるし、借りるのもパソコンでセルフ方式。知らずに入り口カウンターにいる女性に本を出してしまい、一から借りる方式を教えていただいた。

意外に読みたいと思える本も多く、最近一番読んでいる恩田陸の本も揃っていた。最新刊も新刊コーナーにあった。そして数はそれほど多くないが漫画本もあった。昔読んだ「水滸伝・全7巻」があったので、読書コーナーで落ち着いて読む。読書コーナーの窓の外は雑木林でなんとも静かな雰囲気。5つ隣の席に座っている女性はうたた寝をしている。確かにここでうたた寝したら気分がいいかもしれない。

 ・午後はTSUTAYAに行って「unknownを借りてきた。設定は非常に面白いと思ったんだけど、内容はもうちょっと、という感じ。どんでん返し的なものはあるが、もっと途中で見る側を惑わして欲しかった。

 ・追記
町の図書館は正式名称は生涯学習館というのだそうだ。そしてなんと家のパソコンからも蔵書の検索ができて、それが今貸し出し中かどうかもわかる。最近の図書館ってすごいね。
こんな感じの施設です 富士河口湖・生涯学習館
[PR]
by syashin_ya | 2007-07-13 22:53